ワインに合う料理のご紹介。今回は白ワインと相性抜群◎

簡単に作れる、ワインとのペアリング定番メニュー3種類です。

普段、料理に合わせて飲み物を選ぶことはよくありますが、

飲み物に合わせて料理を作ってみることは、毎日の献立を考えるときのマンネリ解消の鍵にもなります!

私も日々、献立を考える時に困った際は、「今日は何を飲みたいかな?」と飲み物からイメージを膨らますこともしばしば。

特に、ホームパーティーを開催する時には、「今日は〇〇に合わせた料理にしよう!」とテーマを決めると、招かれた側もおみやげを選びやすくなり、

お互いにいいこと尽くし!!

今回は2月に発売予定の新しいワイングラスに合わせて、

白ワインと相性の良い定番メニュー3種類のご紹介です。

フルーツとチーズのサラダ、カルパッチョ、ガーリックシュリンプの3メニューをつくります。

簡単に応用できるポイントと一緒に、つくり方のご紹介します!

今回使用したワイングラスはこちら

あんぽ柿とクリームチーズのサラダ

材料 2名分

  • あんぽ柿 2~3個
  • クリームチーズ 60g
  • 生ハム 4枚程度
  • お好みのハーブ(今回はセルフィーユを使用しました)適量
  • オリーブオイル 適量

つくり方

  1. あんぽ柿を4等分にスライスし、器に並べます。
  2. クリームチーズを適当な大きさにスプーンなどですくって、あんぽ柿の上に並べます。
  3. 食べやすい大きさに切った生ハム、セルフィーユをトッピングします。
  4. 最後にオリーブオイルをまわしかけて完成です。

※味見をしてみて、塩気が足りない場合は塩を最後にかけてくださいね。
生ハムによって塩分が違うので、最初からかけるのはNG!

トロッと甘いあんぽ柿に塩味のきいた生ハムがよく合います。

クリームチーズを添えることにより、クリーミー感とコクが増すので、ワインと合わせても負けない味わいが口の中で広がります。

ワイングラスセット ヴェガ ホワイトワイングラス

今の季節は、あんぽ柿でつくりましたが、いろんなフルーツに応用できるレシピです◎

例えば、桃やマスカットなど。

酸味が少なく、甘みが強いフルーツがオススメです。

または、ドライフルーツなどと合わせるのもオススメ!

イチジク、干し芋なども相性が良いでしょう◎

白身魚のカルパッチョ

材料 2名分

  • 鯛の切り身(刺身用) 1切れ
  • ホタテ(刺身用) 8粒程度
  • メイプルシロップ 大さじ1/2
  • 白ワインビネガー 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • オリーブオイル 大さじ2
  • 山椒 ふたつまみ

つくり方

  1. 鯛の切り身とホタテをスライスして、器に並べます。
  2. メイプルシロップ、白ワインビネガー、醤油をよく混ぜあわせ、オリーブオイルを少しづつ加えながら混ぜていきます。
  3. 最後に山椒を加え混ぜて、手順1にかけて完成です。

はちみつをつかって醤油ベースのドレッシングを作ることはよくありますが、メイプルシロップをつかうことにより、より香ばしさがでてくるのと、はちみつ比べてさっぱりとした印象に仕上がります◎

今回は山椒を効かせて、パンチのある味わいにしたかったので、はちみつではなくメイプルシロップを使いました。

山椒の代わりに、カレー粉を入れるとエスニック料理らしく仕上がりますし、七味唐辛子を加えても大人の味わいになりますよ。

ワイングラスセット ヴェガ ホワイトワイングラス

カルパッチョは通常、塩・胡椒とオリーブオイルだけのシンプルな味付けのことが多いですが、ドレッシングに香料をつけるだけでバリエーションが広がりますよ。

ガーリックシュリンプとガーリックトースト

ガーリックシュリンプ

材料 2名分

  • 殻付きえび 10尾
  • ニンニク 2片
  • オリーブオイル 大さじ2
  • イタリアンパセリ 3本
  • レモン汁 1/4個分
  • 塩 適量
  • 胡椒 適量

お好みで、パクチーなど。

つくり方

1、えびは殻ごと、背側に切り込みを入れます。背ワタを包丁で掻き出します。尻尾の付け根に尖った部分があるので、キッチンハサミなどで切り落とします。

※後で、殻ごと食べた時に口の中に刺さると痛いため。

2、ボウルにえび、片栗粉(大さじ1程度)、水(大さじ1程度)、塩(少量)を入れ、よく揉んでなじませます。流水できれいに洗い、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。

※この工程は必須ではないですが、臭みが取れて、加熱した時にプリッと仕上がるので、面倒ですがやる事をオススメします◎

3、ニンニクとイタリアンパセリをみじん切りにします。

4、フライパンにオリーブオイル(大さじ1)をひき、加熱します。

温まってきたらえびを加えます。中火で加熱し、焼き色がついてえびが赤色に変わってきたらひっくり返します。

5、両面に焼き色がついたら、塩、胡椒、ニンニク、オリーブオイル(大さじ1)を加えて、香りが立つまで炒めます。

6、弱火にし、レモン汁とイタリアンパセリを加えさっと炒めたら完成です。お好みでパクチーやレモンを添えてください。

ガーリックトースト

材料 2名分

  • 食パン(5枚切り)  1枚
  • ニンニク 1片
  • イタリアンパセリ 2本
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩、胡椒 適量

つくり方

  1. 食パンは縦に4等分にします。ニンニクはすりおろします。イタリアンパセリはみじん切りにします。
  2. すりおろしたニンニク、イタリアンパセリ、オリーブオイルを混ぜ合わせます。
  3. 食パンに塗り、塩、胡椒し、トースターでカリッと焼き色がつくまで焼きます。

殻に切り込みを入れているので、殻まで香ばしく食べられますよ。

ガーリックシュリンプにガーリックトーストと、ニンニク尽くしで、ワインが進みます◎

ニンニクは最初から加熱してしまうと焦げる心配があるので、最後に加えています。

ホクホクになるまでしっかり加熱することが、美味しいポイントです◎

香りが立ってきて、キツネ色に色づいたら火が入った合図です!

ワイングラスセット ヴェガ ホワイトワイングラス

白ワインはエスニック料理や中華料理とも相性が良いので、

ナンプラーやオイスターソースを隠し味に少量入れても美味しくなります。

定番の料理も、隠し味程度にスパイスや調味料を少し加えると、同じ手順でも「いつもの味」脱却ができますよ。

お酒に合わせて、調味料をちょっとアレンジするだけでよそ行きの味付けに早変わりです◎

アクセサリーをつける感覚だと思うと、挑戦しやすいですね。

お家で過ごすことが多いと、イベントなどの料理に困ってしまいますが、

いつもの料理にほんの一手間だけで気分転換できますよ◎

ぜひ、お試しくださいね。

数量6脚セット
容量340ml/1脚あたり
サイズ高さ20.9cm×口径8.0cm
素材クリスタルガラス
耐久性世界認証機関SGS試験合格
制作ハンドメイド

この記事を書いた人

フードスタイリスト 松井緋音

レシピ開発・調理・スタイリング(テーブルコーディネート)など、企業の広告やCMのフードスタイリングを手がけ、2018年4月に独立。「目が喜ぶ。見るだけでおいしい。」を研究中。フルーツとの組み合わせ料理を得意としています。