ポスカで描くオリジナルソープディスペンサー(ポンプボトル)

固形石鹸は掃除が大変

先日、仕事で食品衛生責任者の講習を受けるために保健所へいきました。
丸一日かかる講義のなかで、記憶に残ったことは講師の先生が「固形石鹸は衛生上あまりよくないので必ず液体石鹸を用意してください。そうしないと飲食店の許可は取れません。」と教えてくれました。

個人的には固形石鹸のコロンとした感じはとても好きなのですが、まぁたしかに結構汚れるものですよね。

洗面所がよごれにくい!ポスカで楽しくオリジナルソープディスペンサー(ポンプボトル)をつくろう!

固形石鹸は意外と洗面所が汚れてしまうもの。すぐに拭き取ったり、掃除をすれば問題はありませんが、出勤前の朝にそんな時間の余裕はなさそうですよね・・・

さて、今回はこんなことがきっかけで、なにか良きアイディアはないものかと考えたのが

ソープディスペンサー(ポンプボトル)を使えば液体石鹸を衛生的に管理できる!ということでした。しかし、それだけだとちょっとさみしい。それに記事になりません。笑

そこで、実際に家でどのようにソープディスペンサーを使ってみると使い勝手がよく、なおかつ生活に馴染むのか実験してみました。

それこそが「ポスカで楽しくオリジナルソープディスペンサー(ポンプボトル)をつくろう!

ポスカの風合いが遮光のボトルを映えさせてくれる

ハワイにはポスカを使った専門のアーティストがいるほど、世界中でポスカは愛されています。
その理由はいわずもがなですが、とにかくインクの風合いがいい。
筆者が小学生の時はプラバンに写し絵をして(主にドラゴンボールの孫悟空※スーパーサイヤ人)ポスカで色を塗ってオーブンで焼いてキーホルダーにしたものです。

今回は、そんなポスカを遮光の聴いたポンプボトルに使ってみることにしました。
きっと、マッチするはずと取り掛かってみました。

どうでしょうか?手書きの感じがちょっとかわいかったりしますよね。傍にグリーンを添えるとより馴染む感じがします。

中に入れるのはリキッドソープがおすすめ

ソープディスペンサー(遮光ポンプボトル)の遮光性はリキッドソープがおすすめ。
なぜかといえば、こちらの製品はもともと友人のアロマセラピストさんが制作したリキッドソープの容器がほしいというお話から開発をしたものです。
遮光性はアロマの精油を劣化させにくくします。また、60g(500ml)と軽量なのも特徴的です。
余談ですが300mlのポンプボトルは42gです。

リキッドソープで手を洗えば、心地良い香りたちが手を包んでくれるでしょう。

空間に統一したデザイン性を持てる美しさ

シャンプーやコンディショナーやハンドソープ。
各社様々のブランドイメージを「これでもか!」というほどにアピール。
ほんとよく汚れが落ちそうです。特に否定はありません。素敵なデザインばかりです。

だけど、ラベルのデザインってすこし疲れるときありますよね。
日々の生活に煽りのようなものを取り入れているような。不思議な感覚。

汚れを落とす。

家でこの行為をするときは静かに。落ち着いて。統一したデザインで
なんかしっくり来て気持ちがいいものです。

衛生的に捨てやすい価格であることの大切さ

ソープディスペンサー(遮光ポンプボトル)は汚れてしまったら使い捨てできることがメリットの一つです。(もちろん可能な限り洗い続けて使っても素敵です!)
その理由は、石鹸にカビが生えないと思っている方が多いようですが、石鹸にもカビが生えます。カビが生えた石鹸を使い続けて洗顔や体を洗えば皮膚病の原因にもなってしまいます。また、特にアレルギーやアトピーが余計ひどくなってしまう場合もあります。
なので、汚れたり、石鹸の詰め替えのタイミングで交換することが衛生を保つコツです。

だけど、ちょっといいお値段すると捨てがたくなってしまうのが人心ですよね。
そうなってしまうと、交換のタイミングを逃してしまうという負のスパイラルに入ってしまいます。

ソープディスペンサー(遮光ポンプボトル)はコスパがいいものを選択しましょう!

お子様の絵柄で手洗いうがいの習慣づけ

学校から元気よく帰宅した子供に

「手洗い・うがいしなさーい!」

と大きな声でいうと

「はーい。」(すでに心ここにあらずのような返事)

という返事。だけど一向に洗面所に行く気配がない子供。

なにをしているのかと見に行ってみると、玄関に腰をかけ図書館で借りて来た本を読んでいる。

ケースは違えど、この感じは手洗いうがいあるあるではないでしょうか?
だけど、親としては心配だから手洗いうがいをしてほしい。
特に冬の季節はインフルエンザが流行るし、タイムリーな話をすれば中国から発生した新型肺炎のコロナウイルスもとても心配ですよね。

きっと、子供たちも手洗いうがいの大切さはわかっているはず。

でも・・・・
めんどくさい・・・・

だけど、ちょっと気持ちがわかってしまう。なぜかっていえば私たちも子供ころ同じことしていませんでしたか?
少なからず私はそうでした。いや、むしろいまでも少しめんどうくさいと思ってしまっています。(ちゃんとあらってますよ!笑)

そんな時は一緒にポンプボトルに絵をかいて遊びながら手洗いうがいをしませんか
ポスカは擦り落とせば何度でも書き直せるので、子供の気分によってどんどんお絵描きできます。

気分が変われば何度も書き直せる

気に入らなかったり、絵柄を変えたい時はスポンジでこすればすぐに消えます。何度も書き直せるのがポスカとソープディスペンサー(ポンプボトル)のいいところ。

オリジナルソープディスペンサーで手洗いが少し楽しくなる

いかがでしたでしょうか?
普段はただの使い捨てのソープディスペンサーも手書きで文字や絵柄を書くだけでちょっとワクワクする気持ちになります。
そんな、ちょっとのことで手洗いがすこし楽しみになったりすればいいですよね^^

製品仕様

容量300ml/500ml
サイズ300ml 約6cm×16.5cm(最大17cm)
500ml 約7cm×20cm(最大21cm)
重量300ml:42g
500ml:60g
材質容器:PET
キャップ:PP

この記事を書いた人

NAGATO

NAGATO

JOB:見習い発明家
夢:見習い発明家→売れっ子発明家→発明家→大発明家→養蜂家
好きな食べ物:ピザ
好きな生き物:ディスカス、錦鯉、金魚全般