食材のおいしさをキープする真空保存容器 AUTO FRESH KEEPER

2024年3月発売の真空保存容器のご紹介です!

食材を入れてスイッチを入れるだけで内部を真空状態にするAUTO FRESH KEEPER。大容量で購入した食材も真空保存することで鮮度キープし、長くおいしく楽しめます。日々の無駄を削り、お料理の幅を広げる一つのツールとしていかがでしょう?

記事の最後にはお得なクーポンのご案内も!ぜひご一読ください。

真空保存ってなに?

真空保存は、食品を空気から隔離し、鮮度を保つための方法です。
食材を専用の袋や容器に入れ、中の空気を抜くことで酸化や細菌の繁殖を防ぐことにより、食材の風味、栄養価、そして色や香りを極力失うことなく長期間保存します。

自動真空容器ができること

自動真空容器は、一般的な食品容器に比べて食材の新鮮さを長時間にわたり維持します。食材の本来の風味、栄養価、香り、食感、色合いなどを保つことができます。特に、梅雨から夏の季節において、自動真空容器はキッチンにおける強力な味方となります。

食材を守る

真空状態で密閉保存するので、気になりがちなほこりや湿気、虫・カビなどから食材を守ります。
乾燥材や防虫剤、防虫目的のニンニクや唐辛子などを入れる必要はありません。そのまま入れていただくだけで、食材の持ち味を長くキープすることができます。

※開封済みの食材でご使用ください。密閉包装されているものは真空状態で破裂する恐れがあります。

たっぷり入る

13Lの大容量サイズなので、ご家庭にあるさまざまな食材の保存にぴったりです。
真空保存容器で素材本来の味をキープすることで、毎日のお料理がちょっと豊かに。

様々な食材を保存できます

※常温保存可能な食材に限ります。冷蔵・冷凍には対応していません。

こだわりのステンレスでお手入れも簡単

容器はこだわりのオールステンレス素材を採用しています。ステンレスは耐久性が高く、高温にも耐え、錆びにくい性質を持つため、医療分野でも使用されるほど衛生的です。汚れにくくお手入れも簡単なので、食材の保存に理想的な素材とされています。

本体軽量で持ち運びらくらく

コンパクトデザインで収納も省スペース
移動・充電・お手入れ・保管すべてをシンプルに

パワフル設計で長時間キープ

バッテリー容量は4000mahで、フル充電されていれば約40日間稼働し続けます。
動作中は自動的に容器内の気圧を-35kpaに維持し。高い真空度を実現することで、空気の逆流を防止し、密閉状態をキープします。
密閉中は中身を入れた状態で逆さまにしても蓋が外れないほどのパワフルさです。

稼働後、空気を抜いている間は機械音が発生しますが、静音性にこだわった設計となっております。換気扇よりも小さい約45dbという音量となります。
※音の聞こえ方には個人差がございます。予めご了承ください。

無駄を減らし財布にやさしい

自動真空保存容器は食品の鮮度を保つために設計されており、食材の劣化や腐敗を防ぎます。業務スーパーなどで食材をまとめ買いしても長期間鮮度を保てるため、食品の無駄を減らし、食費を節約につながります。

※長期間鮮度を保つもので、食材の【消費期限】を延長するものではございません。食材は必ず設定された消費期限内にご使用ください。

3ステップで使い方簡単

使い方はとっても簡単。

  1. 食材を入れて蓋を閉める
  2. 電源ボタンを押す
  3. 真空ボタンを押す

約3分で真空状態になります。
取り出すときは真空解除ボタンを押して、約30秒空気が満ちるのを待つだけです。

乾燥材や防虫剤、防虫目的のニンニクや唐辛子などを入れる必要はありません。そのまま入れていただくだけで、食材の持ち味を長くキープすることができます。
※開封済みの食材でご使用ください。密閉包装さているものは破裂する恐れがあります。

SPEC

サイズ :約Φ280×H300mm
カラー :デューンホワイト
重量  :約2.0kg
素材  :ステンレスSUS403(容器)、ABS樹脂(蓋)
電源  :DC5V/1A
内蔵電池:リチウムイオン電池(4,000mAh)
容量  :約13L
保証期間:メーカー保証1年
付属品 :USBケーブル、説明書

必ずご確認ください

以下のものは本製品では保存できません。
冷蔵保存が必要な肉、魚、野菜、果物などの生鮮食品、

加工食品・常温保存ができない食品、缶詰、
アルコール性・酸性の強いもの、液体状のもの、発酵食品

※本製品ごと冷蔵・冷凍保存はできません。
※未開封の袋・容器を入れて真空にすると、袋が膨張して破裂するおそれがあります
※長期間鮮度を保つもので、食材の【消費期限】を延長するものではございません。食材は必ず設定された消費期限内にご使用ください。

ロゴに関して
イメージ写真の製品は撮影用にわかりやすくロゴを黒く印刷しておりますが、実際にお届けする商品はロゴが【白】で印刷されております。※右図参照
予めご了承ください。

先行予約限定!LINEでお得なクーポン配信中です

KUWATOSUKI公式LINEアカウントを友だち登録していただくと、予約限定30%OFFクーポンをGETできます。
この機会にぜひ、ご登録ください。

AUTO FRESH KEEPERのご購入はこちらから

よくある質問

製品規格について
Q
サイズを教えてください。
A

商品のサイズは幅28cm、奥行き28cm、高さ30cmです。

Q
どれくらい入りますか?
A

13L(お米の場合約10kg)まで収納します。

Q
商品の重さはどれくらいですか?
A

中身を入れていない空の状態で約2.0kgとなります。

Q
電源はコンセントに挿しっぱなしですか?
A

本製品は充電式です。充電後は電源が届かない場所でもお使いいただけます。

Q
なぜ円筒状なのですか?
A

四角い形状より丸い形状の方が、真空圧が容器または保存物に対して均等にかかるということが理由となります。また隅が無いため容器を洗う際に便利で、より衛生的にお使いいただけるというメリットもございます。

Q
容器の耐久性はどれくらいですか?
A

容器にはステンレスを採用しており、耐久試験では-50kpaの真空圧をクリアしました。本製品の最大真空圧は-35kpaなので安心してお使いいただけます。

使用方法について
Q
説明書はありますか?
A

日本語の取扱説明書を同梱しております。

Q
中身は袋に入れたまま保存できますか?
A

可能です。ただし、未開封の場合は真空圧により袋が膨張してしまう可能性があるため、新品未開封の場合は少し空気の逃げ道を作る程度に開封してから保存ください。

Q
複数種類の袋を一度に入れても大丈夫ですか?
A

はい、大丈夫です。開封済みの袋を複数入れることもできます。

Q
容器に直接入れて保存できますか?
A

直接容器に移してお使いいただけます。直接入れる際はご使用ごとにお手入れされることをおすすめいたします。

Q
容器内に入れてはいけないものはありますか?
A

未開封の袋を入れて真空にすると、袋が膨張して破裂するおそれがあるので控えてください。缶詰・瓶詰なども同様です。また、冷蔵・冷凍保存が必要な肉、魚、野菜、果物などの生鮮食品、加工食品もお控えください。

Q
冷蔵庫に入れても大丈夫ですか?
A

本製品は冷蔵庫や冷凍庫でお使いいただくことは出来ません。

Q
持ち運ぶための取手はありますか?
A

容器側に1.5cm程度のフチがございます。そちらのフチ手を引っ掛けて持ち運びいただくことを推奨しております。

機能について
Q
真空保存って効果ありますか?
A

食品保存において最良の手段といわれています。空気に触れずに保存できるため、鮮度を長くキープできます。

Q
全く酸化しなくなりますか?
A

仕様上、容器から取り出す際などは空気に触れてしまいますので全く進行しないわけではございません。。開閉時を除いたシーンでは効果を発揮し続けます。一般的な密閉容器であれば容器内に入り込んだ酸素を取り除くことは出来ないため、酸化は進行してしまいますが本製品は容器内の酸素を排出することだ出来るため、酸化の進行をより遅らせることが可能です。

Q
虫は湧かなくなりますか?
A

保存する前に卵が付着している、開閉時に容器内へ侵入を許したなどの理由を除けば虫の発生を抑えることは可能です。

Q
におい移りが心配です。
A

真空状態ではにおいが移る可能性がは極めて低いです。しかし、強い香りをもつ食品を同時に保存する場合は開閉したときなどに移ってしまう可能性が考えられますので、ご注意ください。

Q
以前に使っていた真空保存容器が破裂したので心配です
A

容器にステンレス素材を採用していますので、プラスチック製の商品と比較すると強度には大変優れております。耐久試験では-50kpaの真空圧をクリアしました。(本製品の最大真空圧は-35kpaです)

お手入れについて
Q
水洗いできますか?
A

容器は水洗いが可能ですが、蓋はバッテリーが内蔵されているため、水洗いできません。水に浸した柔らかい布をしぼって優しく拭いてください。

Q
手入れをする頻度は?
A

中身を入れ替えるときなどは、容器を丸洗いしてください。フタはバッテリーが内蔵されているため、水洗いできません。水に浸した柔らかい布をしぼって優しく拭いてください。

Q
パッキンが汚れた場合は掃除できますか?
A

可能です。蓋からパッキンを取り外していただけましたら水洗いも可能です。

バッテリーについて
Q
充電の方法を教えてください。
A

付属のUSB-Cケーブルにて充電していただくことが可能です。

Q
充電したままでも使えますか?
A

充電しながらの使用は可能です。満充電後はバッテリーが劣化しないよう充電ケーブルを外しての使用を推奨しております。

Q
充電中も真空状態をキープできますか?
A

充電中も真空状態はキープされます。

Q
充電する頻度を教えてください。
A

フル充電の状態から約40日間は充電がもちます。充電ゼロの状態から約3時間でフル充電できます。

この記事を書いた人

antbee-info