ハロウィンにぴったりな、かぼちゃのお菓子をフードドライヤーをつかって!焼かない、グルテンフリーなクッキーをつくります

そろそろハロウィンがやってきますね。

スーパーでも沢山かぼちゃを見かけますね!

今回はフードドライヤーをつかって、焼かないかぼちゃのクッキーをつくりました。

小麦粉を使わず、3つの材料だけで簡単につくれるのがポイント!

カリカリと歯ごたえのよいクッキーに仕上がります。

簡単なラッピングで賑やかに、楽しく、飾り付けをしましょう◎

簡単かぼちゃのクッキーのつくり方

<材料 2袋分>

  • かぼちゃ 1/4個(約400g)
  • バター 25g
  • 砂糖 大さじ1

作り方

1.かぼちゃは種とワタをスプーンで取り除きます。皮を剥いて、1口サイズに切ります。

2.耐熱容器に入れて、濡らしたクッキングペーパーをかぶせて電子レンジ600wで5分加熱します。

3.フォークなどで潰します。

(あとで絞る工程があるので、この時にできるだけ潰しておくのがポイント!)

4.バター、砂糖を加えゴムベラに持ち替えて、滑らかになるまで混ぜます。

  ポロポロにならずにひとまとまりになるまで混ぜるのが目安です。

(かぼちゃによって水分量が異なるので、滑らかにひとまとまりにならない場合は、牛乳や豆乳またはサラダ油を少しづつ加えて硬さを調節してくださいね。)

5.絞り袋に入れて、トレーに絞っていきます。

この時、お好みの口金をつけてもクッキーの表情が変わりかわいく仕上がりますね!

今回は口金なしで、ギザギザに絞りました◎

見た目がかわいいのと、噛んだ時にサクッと割れるので、この絞り方にしました。

この時のポイントは、トレーの縦のラインに沿って絞ることです。

生地が下に落ちずにしっかりとどまってくれます!

6.70度で16時間乾燥させれば、完成です。

フードドライヤー(AB-DF01)動画公開中

その他にも役立つレシピ記事更新中

ハロウィンが賑やかになる!簡単ラッピングのつくり方

【つかうもの】

・小さい紙袋

(マチ付きで窓があるタイプがおばけの口に見えるためおすすめです)

・紙ナプキン

(紙ナプキンはカラフルでボーダーやドットなどの柄が入っている方が映えます)

・紙モール

・マジック

おばけの顔に見立てて、目と鼻や手をマジックで描きます。

みなさん、好きなように怖い顔や笑っている顔などを書いてくださいね。

紙袋に紙ナプキンをいれて、かぼちゃのクッキーを入れます。

紙袋の口を紙モールで留めたら完成です!

自分だけの、おばけをつくってみましょう!

ポリポリと歯応え抜群の楽しいクッキーは、

かぼちゃだけでなく、じゃがいもやサツマイでも同様のレシピでつくることができます◎

お子さまのおやつや仕事などの間食にもピッタリです。

楽しいおやつの時間を、お試しください。

有効内容積10リットル
外形寸法約W330mm×D250mm×H285mm
コード長約140cm
重量約2.7kg
定格電圧AC100V
定格消費電力250W
定格周波数50/60Hz
セット内容本体×1、トレー×5、蓋×1
タイマー1-48時間
温度調節40℃-70℃(5℃刻み)
名入れ
※別途名入れ商品をカートに入れ詳細設定の上、一緒にご購入ください
JAN4571497896804

この記事を書いた人

フードスタイリスト 松井緋音

フードスタイリスト 松井緋音

レシピ開発・調理・スタイリング(テーブルコーディネート)など、企業の広告やCMのフードスタイリングを手がけ、2018年4月に独立。「目が喜ぶ。見るだけでおいしい。」を研究中。フルーツとの組み合わせ料理を得意としています。