会社の空気はあったまる、ブラックサンダー専用冷蔵庫のすすめ

こんにちは。O島です。

突然ですがみなさま、ブラックサンダーというお菓子をご存じでしょうか?

コンビニはもちろん、時にはスーパーのレジ横にさりげなく置かれ、自然に手が伸びてしまうこともしばしば。北海道限定の「白いブラックサンダー」や宇治抹茶を使った「京都ブラックサンダー」など、旅行先のおみやげとしても大人気です。

ブラックサンダーさんと私の蜜月

そんなブラックサンダーとO島の出会いは2006年。ブラックサンダーの歴史年表でも取り上げられているとおり、大学生協で見かけたのが最初です。「若い女性に大ヒット中! おいしさイナズマ級!」小さなパッケージを埋め尽くす謎のキャッチコピーに困惑した結果……買いませんでした(笑)。あの頃の私には勇気というものが足りなかったのです。

しかし、社会人一年目の2007年コンビニで再会。残業中のおやつないかな……と何の気なしに買ってみたらもう。「このザクザク感はなんや!」と確かにイナズマが走ったのであります。30円という低価格でこんなに幸せになれるなんて……!

それからは目が合えば手に取り、自ら味わうに飽き足らず「周囲への布教活動」という完全なるおせっかいを始めるようになったのです。もちろん、社内のバレンタインはブラックサンダー頼みです(今年はちょっとリッチに、大人のプレミアムにしました)。

出会って干支も一回り。ブラックサンダー愛は増すばかりで、ついに自分でパッケージの一部をデザインできる「My ブラックサンダー」までつくってもらいました(写真)。

さて、ここからアントビーの小型冷蔵庫「Peltism shijima」がどう関係してくるかというと、時折やってしまうのです…。

チョコはとろけるから美味しいのだけど…!

O島の毎日に欠かせないブラックサンダー。ただ、もはや空気のような存在なので扱いが雑になってしまうことも。先日、いそいそとブラックサンダーの袋を開くとチョコがどろどろ! エアコンの切れた室内に放置してしまったのです。

こうなると、手にチョコがつきそうでしっかり味わえない。

さらに、溶けに気付かず同僚に渡したら→ちっちゃい嫌がらせだと思われる→私のせいでブラックサンダーまで印象ダウン…!

それは何としても避けなくてはなりません。

ここで、はたと気付くO島。前回「冷蔵保存と常温保存のお米、どっちが美味しく炊ける?」という実験で、冷蔵保存が圧勝。小型冷蔵庫が米びつ代わりにぴったりだと証明されました。

――毎日のごはんがおいしくて幸せになれる人がいるなら、毎日のブラックサンダーがおいしくて幸せになれる私の専用冷蔵庫があってもいいのでは…?

さて、ここでチョコレートの理想的な保存環境をまとめます。

  • 温度変化しにくい場所
  • 高温でない場所
  • 直射日光の当たらない場所
  • 無臭(チョコレートは匂いを吸着しやすい)

上記から、チョコレートのベストな保存場所はアントビーの小型冷蔵庫で間違いない。さらに、今回目をつけた「Peltism shijima」は引き戸タイプで、キャビネットを引くのと同じ動作で開けられます。しかも、無音・無振動なのでデスクの真横でも仕事を邪魔しない!

今回は、この「shijima」をブラックサンダー専用冷蔵庫にしてしまいます。

ブラックサンダー90個入りの夢倉庫が完成!

さて、早速「Peltism shijima」にブラックサンダーを並べていきます。(冷蔵庫のかごが深めなので、小分け用のかごを100円ショップで買ってきました)かご1つにスタンダードなブラックサンダーは5個並べられました。1段にかごが6個並ぶので、合計30個収納できます。1日1つで我慢できれば、1段で1ヶ月暮らせる計算です。

実験当時、「ブラックサンダーほうじ茶ラテ」が展開されていたので買ってみました。色とりどりで、並べただけでもいい感じです。味別にかごを分けてもいいですね。

小分け用のかごは3段入りました。こちらのブラックサンダー専用冷蔵庫、名付けて「本八幡夢倉庫」。有楽製菓さんが誇るブラックサンダーの楽園「豊橋夢工場」からインスパイアされました。90個も入っています。なんだかとてつもない安心感。すっかりうれしくなった私はそっと引き戸を閉め、終業後も頑張る同僚にコンディションが整ったブラックサンダーを配るのでした。

ブラックサンダーで社内コミュニケーション with Peltism

ブラックサンダーの素晴らしいところは、誰からも拒絶されない安定のおいしさ。少しひんやりしたブラックサンダーでみんな笑顔です。ある日、手先の器用な同僚A木さんが「ブラックサンダー専用機」らしくデコってくれて、さらに楽しい感じになりました。冷蔵庫を開くと「上から下までブラックサンダー」というのも、ひと笑いできてなごみます。

Peltism shijima」をこっそりO島専用機にしようという目論見は外れましたが、みんな好きな味のブラックサンダーを補充してくれるようになり、社内でも有数のコミュニケーションツールになっています。

結論:ブラックサンダーシリーズは、冷蔵庫保管がベスト。専用機が一台あると社内の空気も和んでよい。

この記事を書いた人

N 門

N門こと長門です。会社の代表ですがN門と名乗ってみます。